アイフルの歴史

アイフルの歴史

CMで話題になったアイフルの歴史を紐解く

アイフルは、テレビコマーシャルで話題になったこともあり、消費者金融としては認知度の高い会社です。 可愛らしいチワワが出演する等、消費者金融の堅さとは異なるソフトなイメージを打ち出すことに成功しました。 そんなアイフルは1968年に個人経営として創業され、さらに1978年2月に京都で株式会社として設立しました。 当初は丸高という社名でしたが、株式会社大朝・株式会社山勝産業・株式会社丸東を吸収合併することにより資本金が5億円となり、アイフル株式会社として生まれ変わりました。 1998年10月には、東京証券取引市場第二部、大阪証券取引市場第二部、京都証券取引所に上場を果たし、ピーク時には年間5,500億円ほどの売上高を誇り、名実ともに全盛期と言われていました。 しかし、2005年には取り立てに関する違法行為が取り沙汰され、全店舗の業務停止命令が下されたのです。 それを受けて、話題となっていたチワワのCMも打ち切られることになりました。 業務停止を受けて株価も下落し、経費削減のために大規模な人員整理を行うなど、事業規模を縮小を行いましたが、事業再生ADRの利用により2009年には業務再建を図る方針を表明しました。 2011年には、株式会社シティズと株式会社ライフの子会社2社を吸収合併しています。 そうした取り組みが功を奏し、2012年には純利益を黒字化することに成功しました。 今後の景気の動向次第で、経営の安定も期待されています。

関連ページ

ノーローンの店舗・ATMの案内
何度でも毎月1週間利子がかからないノーローンの店舗/ATMの案内