スター銀行の歴史

スター銀行の歴史

外資系第2地銀の東京スター銀行の歴史

東京スター銀行は1999年に経営破たんした第2地銀の東京相和銀行から営業譲渡により引き継がれ、2001年の発足した銀行です。 米系投資ファンドのローンスター社がスポンサーとなっています。 投資会社と聞くと、あまり良いイメージをお持ちでない方も多いかもしれませんが、ローンスターはアメリカの年金制度の401Kなど長期保有の投資に注力したファンド運営を行ってきたファンド会社です。 一方、前身の東京相和銀行は1949年創業ながら、医療関係や病院関係に特化した信用組合に注力してきたというユニークな歴史を持ちます。 また日本初の24時間営業ATMを稼働させたことでも有名です。 譲渡後の東京スター銀行は、引き継いだ支店を従来のカウンター越しでの接客スタイルからファイナンシャル・ラウンジと呼ばれる、垣根のない対面方式での欧米型の店舗スタイルに切り替えたことでも話題になりました。 その後、首都圏の信用組合や地銀の中部銀行の支店譲渡により支店数を増やし、東京の地銀でありながら東海圏や近畿圏にも支店網を拡大し、2005年には東証一部上場を果たしたのです。 さらには1週間定期預金などのユニークな金融商品をリリースしたり、他行のゼロに限りなく近い預貯金金利に対し、数倍から10数倍という高利回りの期日指定定期預金をリリースし業績を伸ばしています。 しかし、スポンサーのローンスターの全株式を国内ファンド投資会社のアドバンテッジ・パートナーズがTOBにより買収したことで、2008年に上場廃止となりました。 ところがリーマンショックによるファンド利回りの低下から、売却することとなり、再びローンスターが株式を引き取り、筆頭株主としておさまっています。 2013年には中国信託商業銀行が全株式引き取りによる、買収を発表しており、合意に至っています。

関連ページ

ジャパンネット銀行の店舗・ATMで土曜日お金を借りるには
ジャパンネット銀行の店舗・ATMで土曜日お金を借りるには
セブン銀行でお金を借りるには
セブン銀行でお金を借りる方法が分からない方へ|土曜日融資
生活に密着したサービスが特徴の福岡銀行
福岡県福岡市に本社を構える福岡銀行も、日本国内で屈指の実力を持つ銀行です。
みずほ銀行の申込み方法と条件
みずほ銀行で既に口座のある方とない方での申し込み方法と条件の違い
ソニー銀行の特徴
ネット銀行なので金利が優遇されているソニー銀行の申し込み方法と条件とは
山口県内最大最古の地方銀行の山口銀行
山口銀行は、通称やまぎんと呼ばれ、山口県下関市を拠点にしている地方銀行です。 県下最古最大の地方銀行で、その前身は第百十国立銀行という経歴があり、明治11年創業という140年近い歴史があります。
住信SBIネット銀行の店舗・ATMの案内
コンビニATMを無料で使える住信SBIネット銀行の店舗/ATMの案内
楽天銀行の店舗・ATMの案内
知ってるようで意外と知らない、楽天銀行の店舗/ATMの案内
有数の数を誇るゆうちょ銀行(郵便局)の店舗/ATMの案内
ゆうちょ銀行の利用者も、提携金融機関の利用者も、入金や出金はもちろん、残高照会など、すべての操作を行うことができるため、わざわざ金融機関に行かなくてもゆうちょに行けば、通帳記入ができないだけで他のすべてのことができるという便利さです。