ジャパンネット銀行の店舗・ATMで土曜日お金を借りるには

ジャパンネット銀行の店舗・ATMで土曜日お金を借りるには

伝統的なジャパンネット銀行の店舗/ATMの案内

ジャパンネット銀行の店舗/ATMの案内でネット銀行を便利に活用

ジャパンネット銀行はネット専業銀行であるため、店舗はありません。

 

その代わりとして、三井住友銀行および@BANK、セブン銀行、E-net(イーネット)、ゆうちょ銀行・郵便局のATMが利用できます。

 

ジャパンネット銀行の銀行口座を保有していると、一部の消費者金融などで振込キャッシングが24時間365日即時に着金するサービスが利用できるなど、ネット専業銀行ならではの魅力あるサービスが利用できます。 一般的な銀行では平日の15時以降の振込は、翌営業日以降に持ち越されてしまいますが、即時反映されると助かるかもしれません。

 

メインバンクとして三井住友銀行を利用されている方をはじめ、ゆうちょ銀行や郵便局も利用できますから、全国どの地域でも利用可能です。

 

コンビニも利用できるので、24時間、口座への入金や出金ができるのも便利でしょう。

 

提携ATMへの入金手数料および出金手数料は、どなたでも月に1回は無料となります。
2回目以降は3万円以上なら無料、3万円未満の場合はゆうちょ銀行のみ315円、それ以外では157円の手数料が必要です。

 

利用にあたっては、口座開設の後、インターネットにて初期設定を行います。 口座から引き出しをするには、キャッシュカードと、予め設定した数字4桁の暗証番号の入力が必要になります。 なお、Visaデビット付キャッシュカードを作成すると、VISAまたはPLUSマークがついた海外のATMでも、ジャパンネット銀行の普通預金口座から現地通貨にて引き出しができ、グローバルな活用が可能です。

 

インターネット銀行のさきがけとも言えるものとして、ジャパンネット銀行が存在しています。 現在のネット銀行時代の開拓者として多くのサービスを備えていますが、残念ながら人件費などの理由によって、実店舗は存在していません。

 

そのため、インターネット独自の方法として多数の提携している企業のATMからの引き出しや預け入れが可能となっています。 一般的に使用できるのは、コンビニ内に設置されているATMです。 複数のコンビニで使用ができるので、使いやすいものとなっています。

 

とはいえ、九州地方などをはじめとした一部地域では、残念ながら使用ができないサービスなどもありますので、自分の住んでいる地域で仕様が可能かどうかを確認しておいたほうが安心です。 また、ほかにも金融機関での預け入れや引き出しが可能となっています。
特に有名なのはどの町にもある日本最大級の金融機関です。 預け入れと引き出しが可能となっているので、使いやすいと評判です。 提携ATMでの預け入れおよび引き出しに関しては、毎月初回のみ無料となっています。

 

それ以外の場合には、3万円以上であれば無料で出し入れできます。 様々な機能がとりそろっており、使い勝手がいいことから評判がいいのがジャパンネット銀行です。
さらに、セキュリティ面でもしっかりしているので、端末によってお金の入出金を短時間で安全に実行できることも、色々なコンビニで取引していても全く問題ないと思う人が多い理由となっています。

 

関連ページ

セブン銀行でお金を借りるには
セブン銀行でお金を借りる方法が分からない方へ|土曜日融資
生活に密着したサービスが特徴の福岡銀行
福岡県福岡市に本社を構える福岡銀行も、日本国内で屈指の実力を持つ銀行です。
みずほ銀行の申込み方法と条件
みずほ銀行で既に口座のある方とない方での申し込み方法と条件の違い
ソニー銀行の特徴
ネット銀行なので金利が優遇されているソニー銀行の申し込み方法と条件とは
スター銀行の歴史
外資系第2地銀の東京スター銀行の歴史
山口県内最大最古の地方銀行の山口銀行
山口銀行は、通称やまぎんと呼ばれ、山口県下関市を拠点にしている地方銀行です。 県下最古最大の地方銀行で、その前身は第百十国立銀行という経歴があり、明治11年創業という140年近い歴史があります。
住信SBIネット銀行の店舗・ATMの案内
コンビニATMを無料で使える住信SBIネット銀行の店舗/ATMの案内
楽天銀行の店舗・ATMの案内
知ってるようで意外と知らない、楽天銀行の店舗/ATMの案内
有数の数を誇るゆうちょ銀行(郵便局)の店舗/ATMの案内
ゆうちょ銀行の利用者も、提携金融機関の利用者も、入金や出金はもちろん、残高照会など、すべての操作を行うことができるため、わざわざ金融機関に行かなくてもゆうちょに行けば、通帳記入ができないだけで他のすべてのことができるという便利さです。