大口ローンとは

大口ローンとは

高額融資可能な大口ローンの魅力とは

大口ローンというのは、借入額が非常に大きいローンのことを呼んでおり、50万円や100万円といった少額ローンは含みません。 フリーローン、キャッシングなどは少額ローンに該当します。 大口ローンと呼ばれるものは、ほとんどが担保を必要とするのが特徴です。 有担保ローンとも呼ばれ、不動産を担保に入れて高額融資を受けるものです。 その金額は不動産の価値によって変動しますが、50万円や100万円以上からの融資になるものが多く、1万円や10万円といった少額ローンには対応していません。 住宅ローンに関しては、数千万円という高額な借り入れになりますが、そのまま「住宅ローン」と呼ぶのが普通です。 大口ローンの場合は、利用目的は自由であるものが多く、担保を必要とする大型フリーローンと考えるといいでしょう。 カードは使用しないので、借り入れは窓口で申し込んでそのまま受け取るか、口座振込をしてもらいます。 借り入れまでの期間は担保査定もあるので長くなり、即日対応はしてくれません。 金融機関にもよりますが、最低でも7日間はかかると考えたほうがいいでしょう。 希望額に対して不動産の価値が劣っている場合は、借入額は少なくなることもあります。 借入可能額は担保価値よりも低くなり、だいたい70%の評価額となります。 1,000万円の価値がある住宅を担保に入れた場合は、700万円まで借り入れできるということです。 担保がない人は利用することができないローンです。

関連ページ

多目的ローン(ブライダル・旅行等)とは
多目的ローンはさまざまな用途に使える便利なローンです。
住宅ローンとは
住宅ローンとは、住宅を購入することを目的として利用する融資のことです。
ビジネスローンとは
ビジネスローンについては基本的に総量規制の対象外となるため、年収の制限を超えた借り入れも可能です。ビジネスローンでスムーズに事業資金を確保しよう。