住宅ローンとは

住宅ローンとは

住宅ローンの意味とは?

住宅ローンについて、いろいろ調べていらっしゃる方も多いことでしょう。 このローンは、どういう性質のものなのでしょうか? 世の中にいろいろある融資の中で、一番有名な融資であることは知られていますが、その実態を理解されている方は意外と少ないのです。 住宅ローンとは、どのようなものでしょうか? 住宅ローンとは、住宅を購入することを目的として利用する融資のことです。 通常のキャッシングのような融資は、目的を定めないで融資を行うことが多いのですが、この融資についてはこのように目的が限定されていることが特徴的です。 さて、他にもこのローンならではの特性がありますので、その特性を中心に説明させていただきます。 住宅を購入する資金となる融資であるため、まず融資を受ける額が高額になることが一般的です。 また、返済期間についても、高額の融資ゆえに20年から35年くらいまでの長期にわたる返済となることがほとんどです。 このように、高額かつ長期の融資となるため、抵当権や根抵当権といった担保物件がその購入する不動産につけられることとなります。 これは、金融機関が万が一融資の返済が受けられなくなってしまった場合に、その担保として付与している物権を行使して、強制競売によって換金して返済を受けるというために設定されます。 ローンを無事に返済し終えれば、これらの担保物件は抹消されますので、心配ありませんが、万が一、ローンが返済されない場合には、最悪の場合にはマイホームを失ってしまうため、ローンを受けるばあいには、返済計画もじっくり考えておく必要があります。

住宅をローンで購入!住宅ローン控除を活用

住宅の購入は人生で最も高い買い物と言われており、全国平均で2000万円から3000万円の購入費や建築費がかけられているとされています。 都心部のマンションなどでは5000万円、6000万円というものも少なくありません。 こうした住宅を手に入れるには一般の生活者では、現金での購入は難しく、たいていの方が住宅ローンを利用します。 多額の借入れをして長期で返済していくわけですが、子供の教育費等の支出も増え、毎月の返済が大変な家庭も少なくありません。 そこで国では国民のマイホーム取得を後押し、かつ少しでも生活の負担を減らすため、住宅ローン控除という特別な税金負担軽減制度を設けています。 生活が大変にならないよう後押しする制度ですから、控除を受ける年の合計所得金額が3000万円以下であることが必要です。 また、住宅ローン控除を受けるための要件が細かく設定されており、この基準を満たさなければなりません。 特に気を付けたいのが床面積です。 居住部分の床面積が50平方メートル以上あることが必要なため、一般的なワンルームや1LDKでは対象外となることが多いでしょう。 2DKでマンションのパンフレット上は50平方メートルを超えていても、登記簿上はそれを下回るケースがあります。 床面積は登記簿を基準に判断されるので、50平方メートルギリギリの場合には、マンション販売業者に住宅ローン控除の対象となるかよく確認するのが賢明です。 また、新築または取得の日から6か月以内に引っ越しをして居住を開始し、適用を受ける年の12月31日時点で居住していなければなりません。 何らかの事情で直ぐに住めない場合は、制限期間を超えないよう気を付けましょう。 控除が受けられられる金額は、1年目から10年目の年末残高の1%で、控除限度額は20万円です。

関連ページ

多目的ローン(ブライダル・旅行等)とは
多目的ローンはさまざまな用途に使える便利なローンです。
大口ローンとは
大口ローンというのは、借入額が非常に大きいローンのことを呼んでおり、50万円や100万円といった少額ローンは含みません。
ビジネスローンとは
ビジネスローンについては基本的に総量規制の対象外となるため、年収の制限を超えた借り入れも可能です。ビジネスローンでスムーズに事業資金を確保しよう。