クレジットカード[Q&A]

クレジットカード キャッシング 方法とは

急にお金が必要になったときに、必ずしも手持ちの現金に余裕があるとは言えません。そんなときに助かるのがキャッシングですが、一口にキャッシングといってもカードローンキャッシングやクレジットカードキャッシングなどいくつもの種類があります。 こちらでは、お買い物の際の支払いでお馴染みの方も多いクレジットカードでキャッシングする方法についてご紹介しています。

クレジットカードの特徴と基本機能とは

クレジットカードの用途というと、真っ先に思い浮かぶのが買い物をした際やサービスを受けた際に、現金の代わりに後払いでお金を支払える便利な支払い方法です。 また、海外旅行や国内旅行に行かれる方は、クレジットカードの付帯サービスとしてついてくる空港ラウンジ利用や国際線手荷物無料宅配サービス、空港タクシー送迎サービス、空港パーキング優待割引サービス、海外旅行損害保険など、各種付帯サービスを利用されているかもしれません。 そんな便利なクレカには、ショッピング機能とキャッシング機能といった主に2つの機能があります。 こちらは、クレジットカード利用限度額とも関連してくる話ですが、この利用限度額内で、ショッピングとキャッシングが利用できるのです。

クレジットカード ショッピング枠とは
クレジットカードのショッピング枠とは、お手持ちのクレジットカードの利用限度額の中で、ショッピング(買い物やサービスを受けた際の支払い)で利用できる金額の限度額をさします。 商品を購入したり、旅行代金を支払ったり、水道光熱費の支払いにあてたり…と、クレカの通常利用分がこの“ショッピング”にあたります。 全体の利用額が80万円の場合で、ショッピング枠が50万円となっている場合、買い物などで使える利用限度額は50万円となります。

クレジットカード キャッシング枠とは
クレジットカードのキャッシング枠とは、お手持ちのクレジットカードの利用限度額の中で、キャッシングで利用できる金額の限度額をさします。 本来、クレジットカードの用途や基本機能はショッピング用の決済機能となりますので、このキャッシング機能ははじめからクレジットカードで利用できる機能ではなく、利用を希望する方がクレカ新規申込時に別途申し込みをする付帯サービスとなっております。 そのため、クレカキャッシングをしたい方は、基本的にクレジットカードの新規申込段階において、あらかじめキャッシング機能利用の旨を申し出る必要があります。
楽天カードやエポスカードでキャッシング
その使い勝手の良さから人気が高いのが、楽天カードやエポスカードでキャッシングする方法です。

【キャッシング 楽天カードについて】<br /> 楽天カードはご存じの方も多い楽天市場でオトクに使えるクレジットカードで、毎月のように開催されている楽天セールや、5日、10日、15日、20日、25日、30日といった具合に決まった月に楽天ポイントが倍掛けとなるようなキャンペーンが常に行われているので、楽天市場愛好家や楽天サービスをよく利用される方にはたいへんお得なクレジットカードです。 その楽天カードのネットキャッシングでは、お申し込み手続き完了から最短数分でカード利用代金の引き落とし口座に希望金額を振込するなど、融資スピードが高く、振込手数料も無料なので、即日融資したい方や頻繁にキャッシングしたい方に最適の借入方法となります。 また、楽天カードの海外キャッシングでは、海外のATMやCDで現地通貨を引き出せますので、面倒な両替の手間が省けます。
【キャッシング エポスカードについて】
百貨店のマルイでおなじみのエポスカードのカードキャッシングは、利用も返済もネット完結OKな便利なクレジットカードです。 始めてエポスカードでカードキャッシングをする方は、初回ご利用日の翌日から最大30日間利息0円などお得なキャンペーンもあります。 ただ、エポスカードの金利はほかのクレジットカードキャッシングと比べても高めなので、エポスカードでキャッシングをする際にはご注意ください。

キャッシング機能はあとから申込みも可能
クレカ申込段階では必要性を感じなかったあるいは、日々クレジットカードを使っていく中で、後から「いざというときのためにキャッシング機能も使いたいな」と思った場合などには、後日、専用ダイヤルに電話をするか、インターネット申込をするなどして、キャッシング機能を追加することも可能です。 ただし、申し込んだ段階であらためてキャッシング利用可能かどうかの審査を行いますので、実際にキャッシングサービスを使えるようになるまでには、少々時間がかかりますのでご注意ください。 クレカ新規申込時の同時申込の場合には、クレジットカード審査とあわせて一度に審査を行うので、時間短縮にもなります。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係性
クレジットカードで利用できる金額の上限を利用限度額(利用可能枠、総利用可能枠)といいます。 クレジットカードにはショッピング機能とキャッシング機能がありますが、この利用限度額はクレジットカード全体で利用可能な上限金額なので、「利用限度額50万円」といった場合には、「ショッピング枠50万円+キャッシングl枠50万円」ではなく、「ショッピング枠とキャッシングl枠をあわせた利用限度額が50万円」となります。 なお、ショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているので、「クレカの利用限度額50万円=ショッピング枠50万円(うちキャッシング枠10万円)」といった具合になります。 利用限度額の50万円のうちキャッシング枠の上限は10万円ありますが、もしもショッピングで45万円使ってしまった場合には、キャッシング枠は残りの5万円しか利用できません。 クレカの場合、基本機能はあくまでショッピング機能となり、キャッシング機能は付帯サービスとなります。

クレジットカードの現金化に注意
クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にする違法性の高い行為です。 商品買取り型とキャッシュバック型とがあり、ストレートにクレジットカードのキャッシング枠ではお金を借りれない方などが、手っ取り早く現金を手に入れるためにこのクレジットカードの現金化に手を出される場合がありますが、こちらは限りなくグレーに近い行為となります。 また、クレジットカード会社が禁止している行為なので、クレジットカードの利用を停止されるだけではなく、信用情報にも傷がついてしまいます。 クレジットカードの現金化に関わる業者のなかには悪徳業者が存在し、詐欺にあう可能性も高いため、たいへん危険な行為となりますので、絶対に手を出されないようご注意ください。


クレジットカードで土曜日キャッシングする方法とは

クレカを使って土曜日や日曜日や祝日・祭日などの休日にキャッシングする方法ですが、クレジットカードで土曜日にお金を借りるためにいくつかの条件をクリアしている必要があります。

土日休日にクレカキャッシングできる条件とは
・キャッシング機能がついているクレジットカードを持っている
・ご利用のクレジットカードにあらかじめキャッシング機能が付帯されている必要がある
(基本的にクレカ新規申込時にキャッシング機能付帯の申し出が必要)
・クレカのキャッシング枠に余裕がある

土日祝祭日にクレカキャッシングでお金を引き出す方法とは
キャッシング枠が付帯されているクレジットカードがあれば、平日だけではなく、土曜日や日曜日あるいは平日夕方や夜間などでも、提携コンビニATMなどでお金を借りることができます。 なかには、振り込みキャッシングできるクレジットカードもありますが、土曜、日曜、祝日、祭日などの休日には、振り込みキャッシングは行っていない場合が多いのでご注意ください

クレジットカード キャッシング 審査

クレジッドカードキャッシングを申し込んだ際には、個人信用情報で審査が行われます。 一般的には、新しく新規でクレジットカードを申し込む際に、付帯サービスとして一緒にキャッシング機能も追加するので、クレジットカード自体の審査と、キャッシング利用の審査が同時に行われることになります。 同じクレジットカードでも、年会費がかからない…あるいは低額の一般カードの場合には、個人信用情報に傷がなければそこまで審査が厳しいこともなく、スムーズに審査に通る可能性が高いです。 (個人信用情報に傷がある方…いわゆるブラックリストに載っている方は、この限りではありません) なお、ゴールドカードやプラチナカードなどの年会費も高くステータスの高いクレジットカードの審査の場合には、個人信用情報だけではなく、勤務先や年収といったプラスアルファの審査基準が追加されます。 また、クレカのキャッシング審査でも、カードローン審査と同様に年収、勤務先、勤続年数などを点数化したスコアリングにて審査されます。

クレカのキャッシング利用限度額は総量規制の対象
クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法という法律で定められていますが、クレカのキャッシング枠については貸金業法によって定められているため、総量規制の対象となります。 総量規制とは、原則として年収の1/3までしか貸し付けられないというもので、たとえばいくら貯蓄があり資産があったとしても、年収の3分の1を超える金額の借入はできないということです。 また、こちらの借入金額は貸金業法で定められているほかの借入とあわせた合算金額で計算されますので、カードローンキャッシングなどですでに借入がある場合には、その分も考慮されます。 つまり、クレジットカードの審査で決まる利用限度額は、他社借入総額の考慮したうえで)年収の3分の1を超えない金額となるのです。
<例> 年収300万円の方の借入限度額は(年収の1/3である)最大100万円 すでに他のカードローンで40万円借りている場合には、クレカキャッシングの利用限度額は最大60万円まで

ショッピング枠とキャッシング枠の審査とは
ショッピング機能とキャッシング機能の2つを同時に申込したとしても、それぞれの審査は別々で行われます。 また、ショッピング審査と比べてキャッシング審査のほうが厳しいため、ショッピング枠は利用可能!キャッシング機能利用不可!といった審査結果もありえますし、希望した金額が通らずに減額される場合もあります。 なお、ヘタにショッピング機能とキャッシング機能の2つを同時申込すると、審査に通りにくくなるのでは…審査に落ちてしまうのでは…と心配される方もいらっしゃいますが、全く別の審査となりますので双方の審査結果には影響はないでしょう。

クレジットカード キャッシング 金利

クレジットカードの機能が買い物での支払いがメインと思われている方が多く、クレジットカードでお金を借りることクレジット自体をご存じない方は意外に思われるかもしれませんが、クレジットカード キャッシングの金利は、全体的に高金利となります。 また、利用限度額も少ないので、キャッシング機能としては少々頼りない面があるのが特徴です。

大手クレジットカードキャッシングの金利とは
クレジッドカードの券種は多く、そのクレカごとに金利は異なりますが、15.0〜18.0%といった金利設定が多くみられます。 金利には幅がありますが、上限金利のほうをチェックする必要があります。というのも、下限金利は借入限度額めいいっぱいを借入した時に適用される金利設定なので、日々の生活のなかで利用する場合に適用されるのは、上限金利になるからです。 また、クレジットカードのキャッシング機能自体はおまけの付帯サービスということもあり、貸付専門の銀行カードローン、消費者金融カードローン、信用金庫カードローンと比べても、利用限度額自体が少ないといった特徴があります。 そもそもの借入可能の上限金額が少ないと、いざ高額借入をしたいときなどにも制限がかかってしまうので不便です。 クレジットカードのキャッシングは、ちょっとした少額借入でのみ利用するなど、使い分けると便利かもしれません。

クレジットカード キャッシング 返済方法とは

クレジットカードでキャッシングしたお金の返済方法には、いくつかの方法があります。

クレカキャッシング返済方法
・口座引き落としで返済
・インターネット返済
・提携コンビニATM、提携銀行ATM、提携ATMで返済

クレカキャッシング返済方式
・一括払い:利息も含めて借入金額を1回ですべて返済する返済方法
・リボ払い:利息も含めて月々の返済額が一定金額の返済方法
※リボ払いは、毎月の返済額がわりと少なめの固定金額で決まっているため、月々の返済自体は楽なのですが、その分、完済するまでの期間が長くなってしまうことにより、トータルでの支払い返済総額が高額となってしまいますので、ご注意ください。

クレカキャッシングの金利や利息の計算方法とは
利用金額×借入利率÷365日(うるう年の場合は366日で計算)×利用日数=支払利息
※クレジットカードの利息は日数計算方式なので、利用日数分にだけ利息がかかります。

クレジットカード キャッシング できないときの対処法とは

クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りていた際に、突然キャッシングができないときがあります。クレジットカードでキャッシングだけ利用停止するという事態です。 たとえば、返済を延滞を繰り返したり、債務整理、自己破産、強制解約、個人再生、長期延滞、代位弁済などを行って信用情報に傷がつくといわゆるブラックリストに載っている状況となり、クレジットカードキャッシングできない状況となります。 そんなときには、別のクレジットカードやカードローンも利用停止となりますので、代替えでほかのカードでお金を借りるといった方法は通用しません。 また、利用限度額いっぱいに借入してしまって、キャッシング枠が残っていないときにもキャッシングはできない状態となります。

クレカキャッシングできないときは
ブラックリストに載ってしまった場合には、一定期間が過ぎないとお金を借りることできませんので、そういった場合にはやむを得ず、親兄弟など家族や親せきなどの身内からお金を借りたり、友人からお金を借りるなど、全く別の方法を検討する必要があります。 また、利用限度額いっぱいに枠を使い切ってしまった場合には、カスタマーサービスセンターなどに電話をして、 申し出ることで審査の上で一時的に利用限度額を増額することも可能です。

さらに、クレカキャッシングができないこの機会に、一時的ではなく継続的な増額の相談をしてみるのもよいかもしれません。 いずれにしても審査は必要ですが、審査に通れば今後も継続的に借入枠を増やすことができ余裕ができます。

クレジットカード キャッシング 海外編

プライベートで、仕事で、海外に旅行に行かれる方は必見です! 海外に行って現地通貨の現金が不足した際には、クレジットカードのキャッシング機能(海外キャッシュサービス)が便利です。 直接、現地通貨でお金を引き出せますので、日本円から手数料を支払って両替する必要もありません。 海外では、安全な日本とは違って治安が悪い場合もあり、多額の現金を持ち歩くのも危険なときには、必要な金額の現金を持っていき、万が一、不足した場合には海外キャッシュサービスを利用してATMから現地通貨を引き出すといった便利な使い方もできます。 また、利用日の実勢レートで換算されるということもあり、銀行や両替商よりも為替レートがお得な場合もあるというのがメリットです。 なお、海外キャッシュサービスを利用するには、日本にいる段階であらかじめサービス利用の申し出が必要になる場合がありますので、ご利用の際にはご注意ください。

クレジットカード[Q&A]エントリー一覧

まずマイルとは、いったい何なのだろうと思われた方もいらっしゃいますよね。 これは、航空マイレージのことです。 この航空マ...

≫続きを読む

多額の現金を持ち歩かなくても、クレジットカードがあれば買い物やサービスの利用が可能です。もし、今、銀行口座にもお財布にも...

≫続きを読む

クレジットカード現金化は、ローンの一種だと思っている方は大勢おります。「他社でローンを借りられなくても、クレジット現金化...

≫続きを読む

品物を買ったりサービスを利用する際の支払いに利用したいのが、ポイントカードサービスです。支払う料金は同じであっても、代金...

≫続きを読む

リクルートカードとはリクルートが運営しているサイトで使用できるリクルートポイントがたまるクレジットカードです。年会費が永...

≫続きを読む

クレジットカードは、その利用に応じてポイントを付与してもらう事が出来ます。還元率はカードによっても違いますが、明細書を見...

≫続きを読む

支払方法にも様々な方法がありますが、特にクレジットカードは便利な存在です。支払いもスムーズに行うことができ、オンラインシ...

≫続きを読む

クレジットカードの不正利用を防ぐために、各カードにセキュリティコードというものが記載されています。カードの表面か裏面の署...

≫続きを読む

みなさんはTポイントについて知っていますか。Tポイントはカルチュア・コンビニエンス・クラブが運営しており、会員数が400...

≫続きを読む

クレジットカードについては、複数保有が一般的になってきていますが、とはいえどんな風にカードを選べばいいのだろうと思う方も...

≫続きを読む

お買い物が大好きという方や、日常の買い物を日々行っている主婦の方におすすめなのが、ショッピング系のクレジットカードです。...

≫続きを読む

クレジットカードは一枚持っていると何かと便利ですが、現金払いにはないメリットもあります。そのひとつには、カードの利用限度...

≫続きを読む

私たちは日常生活するうえでの必要な支払いや趣味やショッピングにクレジットカードを利用します。キャッシュレスで買い物が出来...

≫続きを読む

クレジットカードには直接カード会社が発行するタイプと、カード会社と提携した機関や団体で作成できるタイプがあります。その提...

≫続きを読む

今や、社会人になるとほとんどの方がクレジットカードを持っているといわれています。このカードは、現金がなくても各種商品代金...

≫続きを読む

クレジットカードの利用方法といえば、まずはショッピングがあげられます。お金を持たずに決済が行えますし、オンラインショッピ...

≫続きを読む

PAGE TOP