SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス | 土曜日もOK!土曜日キャッシング.com

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のプロミス

<土曜日・日曜日・祝日に、その日に借りたい場合>
ネット申込&審査通過後に最寄の自動契約機で最短即日融資!
自動契約機でのカード受け取りなら基本的に自宅に郵送物は届きません。

詳細・お申し込み

実質年率4.5%~17.8% 限度額1~500万円
保証人不要 最短即日融資も可能
※最短1時間融資







詳細・お申し込み

Webで即日融資
※最短即日融資:お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

土曜日キャッシング事典:キャッシングの審査基準とはどんなもの?

キャッシングの審査基準では収入は必ず見られます。 これは審査で申告することになり、誇張をして記載してはいけません。 多く記載してバレてしまい、そのまま借りられなくなった方は大勢おります。 収入でチェックされるポイントは、安定しているかどうかです。 安定している職業ほど高評価であり、公務員が審査に通りやすいのはこのためです。 自営業でも収入が安定していれば問題ないと思われるかもしれませんが、公務員・会社員のように月収が決まっているというケースはまれです。 客の出入りによって売り上げが変わりますので、収入を完全に安定させるのは不可能に近いのです。 アルバイト、パートなどは、正社員よりも収入が少なくなります。 毎月、決まった金額の収入を得ていたとしても、金額が少ないため正社員よりも不利となります。 ちなみに、派遣社員はアルバイト・パートよりも有利ですが、正社員よりは不利となります。 キャッシングの審査基準では、職業を重視されます。 職業でだいたいの収入が判断できますし、安定・不安定も予測できるものです。 職業の次は勤続年数も考慮されます。 長く勤務している方ほど高評価となります。 勤続年数が短いと業者としては不安要素になりますので、年収が多くても審査で落とすことがあります。 転職を繰り返している人ほど収入が上がらず、安定しない傾向があることを業者は知っているのです。 3年以上勤続しているならば、審査で不利に働くことはありません。

ページトップへ戻る