イオン銀行

イオン銀行カードローン



実質年率 3.8%〜13.8% 限度額 10万円〜800万円
(10万円単位)
保証人 不要 口座開設 不要

インターネットによるイオン銀行お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンのインターネットによる契約申込み

※イオン銀行の口座をお持ちでない方。
ネットバンクにログイン後、契約申込み
※イオン銀行の口座をお持ちの方


土曜日借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
アイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★★☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★★☆☆


土曜日キャッシング事典

延滞したときの期限の利益の喪失について
お金を借りたときには返済をしなければなりませんが、返済をする時期については最初の契約によって決定します。 債務者はその期限が来れば返済をしなければなりませんが、逆に言えばその期限がくるまでは返済をする必要はありません。 一定期間は返済しなくて良いのですが、これを期限の利益と呼びます。 期限の利益があることによって、債務者はその期間の間はずっと借りる事ができて、何らかの生産活動や消費活動のために資金を用いる事ができます。 期限の利益があれば返済をしなくて良いのですが、一定の条件があればこの権利がなくなります。 期限の利益がなくなれば、その段階で全額を返済しなければなりません。 このような状態を期限の利益の喪失と呼びます。 期限の理恵金喪失がおこるのは色々な場合があって、例えば債務者が破産手続き開始の申し立てを行ったときには喪失します。 それ以外にも、滞納などによって保全処分を受けたり強制執行、差し押さえなどを受けたときにも喪失することになります。 契約書にも記載されることになりますから、契約を結ぶときにはこの点についても把握しておくことが必要となってくるでしょう。 契約自体が無効であれば債権者は全額返済を要求することができますから、例えば虚偽の内容を申告して契約を結んだ場合などでも返済をしなければならなくなります。 普通に返済をしていれば期限の利益を喪失することはありませんから、返済できなくならないような返済計画を立てておけば心配はいりません。

PAGE TOP