低金利な銀行のカードローンとは

低金利な銀行のカードローンとは

低金利な銀行カードローンの魅力

カードローンを利用する方は、銀行カードローンを意識するものです。 金利が低くて、安心できるというのが大多数の意見です。 金利に関しては、かなり低いと言っていいでしょう。 消費者金融も最近はかなり低いのですが、銀行は初めて借りる人、希望額が少額な人にも低金利で貸してくれるのが特徴なのです。 通常、初回融資、希望額が少ない(10万円など)といった人は、金利は高く設定されるものです。 金融機関側としては、利益を確保したいと考えるからです。 10万円を融資して得られる利息など少ないものです。 そのため、業者側は少額融資の方には高金利である18%〜20%を設定することが多いわけです。 銀行カードローンですと、初めて借りる人でも15%くらいで借りられます。 1万円の融資でも15%なのは魅力的でしょう。 消費者金融で15%の金利にするためには、100万円は借りないと厳しいものがあります。 利息制限法では、100万円以上借りると必ず15%以下の金利にするように定められています。 この場合、業者側はギリギリの金利である15%を設定するのが一般的であり、それよりも下げてくれることは少ないのです。 銀行カードローンですと、初回融資から15%を下回る金利で借りることも可能なのです。 消費者金融と設定している金利自体は同じでも、それが適用となる借入額に違いがあるため、お得に借りたい方は銀行を選ばれるわけです。 お金に余裕がなくて借りるからこそ、金利は抑えなければなりません。

関連ページ

消費者金融のカードローンとは
消費者金融のカードローンとは、消費者金融が提供している融資目的を限定しないローンのことをいいます。
信販系カードローンとは
信販系カードローンとは、信販会社が提供するカードローンのことをいいます。